読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くいずぶろぐ。(仮)

クイズの事を中心にだらだらと。

けーファイル。 #1 クイズ ガチホコバトル@ことね

えむけーすぷりんぐ。の”けー”こと、ことねです。

 

作問とか苦手なクセにルールとか考えるのが楽しくて仕方ないです。

…というわけで、今回から気まぐれで私が過去に考え付いたルールでも書き綴ってみようかと。

 

その名も"けーファイル"です。

 

この名前にした理由?何となくです(

 

 

 

クイズ ガチホコバトル

ガチホコを相手ゴールまで運べ!~

 

…お分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、元ネタはSplatoonです。

同ゲーム内にあるルール『ガチホコバトル』をクイズバトルにしたら面白いんじゃないか、という思いつきから発展し、今年6月のネクステ例会で時間を頂戴して実施させていただいた『えむけーすぷりんぐ。』初の企画だったりします。

 

まずは基本ルールから。

 

基本的なルール

○アルファチームとブラボーチームに分かれてのチーム戦

○問題数制限あり、但し問題数の公表は無し

※企画させていただいた際は1セット50問限定で実施

ガチホコを奪い合い、ガチホコを相手ゴールまで運ぶ(以下、ノックアウト勝ち)、もしくは問題を全て読み終わった時点で相手ゴールにより近くまでガチホコを進めたチームの勝利

○シングルチャンス、不正解の場合は3問休み(以下、リスポーン)

○問題数が残り1/3になったところでホコの移動量が3倍に

 

次はルール化するにあたって地味に苦労した、ガチホコの奪い方など…ホコの動きを説明します。

 

ガチホコの動き

イカの3パターンがあります。

1.スタート時→正解するとガチホコ獲得

スタート直後はどちらのチームもガチホコは持っていません。なのでいち早く奪取しに行く必要があります。

バスケ等のジャンプボールみたいなものですね。

 

2.ガチホコ所有チームが正解→相手ゴールに向かって前進

ガチホコを所有しているチームがクイズに正解すると、相手ゴールにガチホコを進めることができます。

 

3.ガチホコ所有していないチームが正解→相手チームからガチホコを奪取

原作ではホコを持ったプレイヤーをキルした場合、もう再度奪い合いになるのですが、そこまで忠実に再現しようとすると時間が掛かりすぎるので所有権が移動、というルールで落ち着きました。

 

他にも細かいルールやらオプション的要素が色々とありますが、今回はこの辺りで。